旅費助成金40万円詐取の疑いで同和団体80代幹部を逮捕へ 福岡県警

福岡県警は6日、同県福智町から助成金を詐取したとして、詐欺容疑で地元の同和団体「部落解放同盟福智連絡協議会」の80代幹部を、同日中にも逮捕する方針を固めた。

捜査関係者によると、幹部は昨年11月、長野県の会合に出席するという趣旨を記したうその申請書を同町へ提出し、旅費の助成金約40万円をだまし取った疑いが持たれている。

福智町では3月、町から旅費など十数万円をだまし取ったとして、人権・同和対策課長が福岡県警に逮捕された。この事件の捜査を通じ、同和団体幹部の容疑が浮上したという。

「部落解放同盟福智連絡協議会」の委員長、原田正容疑者(86)

部落解放同盟福智連絡協議会