フランスのゲイ(LGBT)はなぜ極右政党に投票するのか

http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-39689829

「フランスには同性愛の問題より優先事項があります。僕自身も同性カップルですし、
この面では多くの前進がありました」とセドリックさんは説明する。

「ただ僕にとってもっと差し迫った問題があります。経済とか、国の借金、失業問題とかです」

LGBT(性的少数者)の権利について心配しているか尋ねたところ、我々が話をするほとんどのFN支持者と同じように、
セドリックさんはル・ペン氏の同性婚法撤廃の公約はこけおどしだと考えている。保守層の票を獲得するための策略だと。

この見方は少なくとも、一部事実に裏付けされている。
直観に反して、国民戦線は他のどの主要政党よりも党幹部に同性愛者が多い。
例えば、マリーヌ・ル・ペン党首に最も近い顧問のフロリアン・ フィリポ氏のような人だ。

フランスの右翼・国民戦線、党名を「国民連合」に変更へ